下地、こつこつ

上棟後まもなく、窓や扉が入るところ以外の面に下地の合板が貼られていきます。
工事契約ののち、打合わせやなんやかんやと工事は始まっているわけですが、こうして目に見えるかたちで現場の変化がでてくる段階です。
どんどん空間ができてくるので私も楽しい。

給排水設備は早めの段階で床下や壁の中に配管を準備してもらうので、打合わせ。

外壁の下地には、透湿防水シートと通気胴縁が貼られていました。
室内の湿気がこのシートを通り、通気胴縁の間を流れて上に排出されるという、通気工法です。

あっ、デュポンのタイベック!
いろんなメーカーがあるのですが、デュポン製だとなんか嬉しい。笑
アウトドア用の寝袋などでも使われているものと同じです。

これから長い下地工事がつづいていきます。