仕事のながれ

1.事前相談

まずは、お話を聞かせて下さい。
すでに具体的に敷地やご要望・予算など決まっている場合はもちろん、まだ具体的に計画がまとまっていない場合、相談していいものかどうかも迷っていて、、そんな状態でも大丈夫です。むしろ早い段階でのご相談は色んな可能性がありますので、ご提案の幅は広がります。
設計といっても敷地探しからのお手伝い、家具や外構など部分的な計画、将来を見据えた段階的、長期的な計画のご提案、土地の利用、、と提案のカタチはさまざまです。
どのように計画を進めるのが望ましいか、まずは相談しましょう。

何か準備するものはありますか?
敷地の図面などの資料があればより具体的なお話がしやすくなります。
イメージに近い写真や雑誌をおもちいただいても結構です。

相談に費用はかかりますか?
この時点で費用はいただいておりません。

2.設計契約

不安や疑問は解消してから。
建築家に依頼するということは、打ち合わせ段階から完成まで、さらに完成後も長いおつきあいになります。良いと思う空間の価値観を共有できるか、そして信頼関係も大事です。大切な機会を私に任せていただけるかどうかを、会話を重ねながら判断していただく期間だと考えています。費用、工期、その他わからない点は遠慮なくご質問ください。
不安や疑問を解消しご納得いただいた段階で、設計契約させていただいています。

契約前に案は見てみたいのですが、だしてもらえますか?
原則、設計契約前の具体的な図面や模型でのご提案はしておりませんが、内容によってはご提案も可能です。(その場合、有料になります。)
ご希望の場合はご相談下さい。

※設計契約時:設計料の10%

3.基本設計 (期間:およそ2ヶ月〜)

会話の中から設計のヒントを紡ぎます。
自分たちの希望する空間を的確にことばで伝えることが得意な人はそう多くはありません。まずは普段どのような生活をしているか、趣味、好きなもの嫌いなもの、良く行くお店、、直接計画と関係ないようなことも会話しながら、設計のヒントをみつけていきます。
住まいに対する考え方、具体的なご要望や空間のイメージがあればお聞かせください。

建物の外観やボリューム、間取りを図面や模型でご提案します。
はじめのご提案は、全体のボリュームや屋根の形状、開口部の位置、空間の構成、間取りがわかるような図面や模型でご提案いたします。
具体的なカタチで見えてくることでご要望も言葉で表しやすくなってきます。そうして打ち合わせと検討を重ねていきます。

打ち合わせは何回程度行われますか?
打ち合わせ回数は特に設けておらず、基本的にプラン(間取り)に納得いただけるまで打ち合わせさせていただきます。
プランにご納得頂いた時点で、基本設計完了としています。
※基本設計完了時:設計料の20%

4.実施設計 (期間:2〜3ヶ月)

工事の見積もりが正確に出来るまでの、詳細な図面を作成します。
基本設計で作成するのは主に建主さまにプランや空間の構成、イメージを理解お伝えするための図面です。それに対し、実施設計ではその空間をどのように実現するかを施工者に伝え、正確な見積もりをだしてもらうための詳細図面を作成していきます。
建物を構成する一つ一つの材料をどのようにつくっていくか、「細部」の作り方が実は完成したときの全体の仕上がり、メンテナンス性や使い勝手、強度や性能にも関係してきます。あまり手間をかけずに安く押さえるところ、費用がかかっても手間をかけておいたほうがよいところ、全体のバランスを考えながら細かい部分まで決めていきます。
素材や、造り付けの家具や照明、設備の具体的な選定などは引き続き建主さまと相談しながら、より計画を具体的に詰めていきます。

※実施設計完了時:設計料の30%

確認申請手続きが必要な場合、一括して行います。
新築、増改築の場合には必要です。作業費用は設計料に含みますが、確認申請手数料(検査機関に支払う費用)は別途必要となります。

5.見積もり (期間:1〜2ヶ月)

本当に必要なものとそうでないものの取捨選択作業です。
実施設計が完了しましたら、こちらで2社程度、施工会社を選定して見積もりに出します。
見積もりは各項目ごとに明細がでてきますので、内容を精査し、見積もり内容と金額が望ましい1社と更に金額の調整をしていきます。ご希望が膨らんで予算オーバーすることは多いのですが、その場合は単価の見直しを含め、設計内容の仕様を変更することで、目標金額に近づけていきます。
調整といっても単純にグレードを落としていくのではなく、費用をかけるところとそうでないところのメリハリをつけていきます。

希望の施工会社におねがいできますか?
ご希望の施工者がいらっしゃる場合は事前にお知らせ下さい。
建築設計、施工といっても、得意不得意の分野がありますので、事前に工事請負が可能かどうか一度打ち合わせをさせていただきます。

あとから追加や中止ができますか?
工事に入ってからも、発注のタイミングまでであれば、追加、中止が可能です。

※工事契約金額が決まった時点:設計料の10%

6.工事契約

いよいよ工事スタートです。
見積もり金額と工事内容がまとまりましたらいよいよ工事契約です。
施工会社と建主さまの工事契約に立ち会いし、今後の進め方についても打ち合わせします。

7.工事監理 (期間:6ヶ月)

図面のとおり工事がすすんでいるか確認します。
着工後は平均して週に1度、現場にて施工業者と打ち合わせいたします。設計図通りに工事がすすんでいるかどうかの確認や、施工図(職人さんにつくりかたを指示するための図面)のチェックもします。
実際に空間が出来上がってくる現場は楽しい瞬間の連続でもあります。仕上がりがぐっとイメージしやすくなりますので、現場で光の入り方を確認しながら色の決定したり、材料の使い方も見直しながら、ギリギリまでよりよい空間になるよう検討します。

8.竣工

完成!
完成に近づくと施工者たちあいの検査をし、不備のある箇所は手直し工事の指示をします。新築、増築の場合は役所の検査にもその立ち合いもします。
そして、施工業者から建主さまへの引き渡しになります。

※お引渡時:設計料の30%+精算分

9.アフターフォロー

引き続きよろしくおねがいします。
竣工後おおよそ1年は、建物自体も環境に馴染むまで大小さまざまな変化が起こりやすい期間です。特に自然素材を使用する場合は材料の反りや、建具の立て付けの調整などが必要です。
不具合があれば施工会社に直してもらうための仲介、もう少し様子をみながら過ごしていただいたほうがよい場合は、建物との付き合い方を説明させていただきます。その後も困ったことや新たなご相談ごとがありましたら連絡ください。

 

費用に関して

建築工事にかかる費用 = 施工費 + 設計・監理費 + 置き家具費 + その他諸経費 + 消費税

施工費
これは、工事契約して施工会社にお支払い頂く金額です。例えば2階建て木造住宅の新築、延べ床面積が30坪〜50坪の場合、65万〜80万/坪の設計内容になることが多いです。建築本体だけではなく空調設備、照明器具の選定や、空間に合わせた造り付け家具も設計します。またテラス、門、塀、アプローチ、駐車スペース、植栽など、屋外空間も含めて敷地全体をトータルで設計しています。

※こんな場合は割高になります。
床暖房など設備が比較的多い場合。
水廻りの箇所数が多い場合。(2世帯住宅など)
造り付けの家具が多い場合。
地盤が弱く改良の必要がある場合。
鉄骨や鉄筋コンクリート構造、木造3階建以上、その他特殊な構造となる場合。
外構施工範囲が広い場合。

設計・監理費
弊社にお支払いいただく費用です。
最終施工費にそれぞれ以下の設計料率をかけた金額となります。

〜500万円の場合・・・13%(但し、60万円を上限とする)
500〜1000万円の場合・・・12%(但し、100万円を上限とする)
1000万円以上の場合・・・10%

ちょっとしたご相談の場合は内容をお聞きした上で多少金額の調整をさせていただくことがありますが、原則、同じように設定をしております。お気軽にご相談ください。

「最終施工費」とは・・・
まずはじめに設計契約時に建主さまご希望の予算で設計料を想定して、その予算に合わせて計画をすすめます。設計中もしくは工事中にご要望により施工費が上がってしまう場合は、設計契約時の想定金額との差額(増額分)に設計料率を掛けた金額を追加設計料として、最終支払い時に加えさせていただきます。

置き家具費など
テーブルやソファ、椅子、収納タンスなど、あとから購入される造り付けではない家具です。
今お持ちの家具を利用したい場合や、後から新しく家具の購入をお考えの場合は空間と合わせてコーディネート、アドバイスさせていただきます。それらの相談料に関しては特殊な場合をのぞき、別途費用はいただいておりません。

その他諸経費
1.構造設計料(別途)
木造3階建、鉄骨造り、鉄筋コンクリート造りの場合、その他特殊な構造を必要とする場合、構造設計士に別途依頼します。事前にお知らせいたします。
2.確認申請、中間検査、完了検査の手数料
審査機関に支払います。(合計で20万前後)
3.交通費
基本的に、設計期間中は事務所での打ち合わせをお願いしておりますが、ご希望により現地やご指定の場所での打ち合わせもしております。工事期間中は現場での打ち合わせが基本となります。通常、交通費は設計料に含んでいますが、遠方により別途頂く必要がある場合は事前にお知らせいたします。
4.測量費用
敷地が広大な場合や傾斜地の場合。費用は面積によります。
5.地盤調査費用
一般的に多い簡易調査で5万程度。
6.祭事費用
地鎮祭、上棟式のご祝儀など。
7.建物登記費用
建物表示登記:司法書士などに依頼する場合10万程度が多いようです。
8.融資関連の経費

期間に関して

住宅の新築工事の場合でしたら、ご相談頂いてから完成するまで平均して1年ほどかかります。
基本設計(1〜3ヶ月)+実施設計(2、3ヶ月)+確認申請、見積もり調整(1、2ヶ月)+工事(6ヶ月)
計画の規模や種別によって期間は変動しますのであらかじめご相談下さい。
スケジュールに制約をお持ちの場合はスケジュール目安をはじめにご呈示させていただきますので、それに合わせて計画を進めていきます。