「整える」

気になるものを解消する。

GULIGULIのギャラリー2改修は、現在気になっているところをひとつひとつ「整え」ていく積み重ねのような改修のように感じます。

その中のひとつ、サッシについて。

緑の景色の手前にあるサッシ窓。
ギャラリーになる前は事務室として使われており、当時のシルバーのアルミサッシがそのまま残っていました。(→改装前の様子はこちら。)
ギャラリーとして使用するようになると、緑の景色の手前にあるシルバーのフレームや窓枠が目に入り、気になっているとのこと。
「これを気にならないようにしたい。」

かっこいいサッシのデザインをする(=足すデザイン)も話にありましたが、じっくり打合わせし、ただ素直に枠を減らし、できるだけ1枚の大きなガラスサッシをはめることにしました。(→関連記事

ガラス面が大きくなり、縦のラインがなくなっただけで、視界スッキリ。

サッシ枠を見せないよう、同時にまわりの壁も整えています。

↓枠廻り詳細図。サッシ枠が取り付くところはこうつくってほしい、と大工さんに伝えるための図面。

細部を丁寧に納める。
ちょっとしたことですが、その細部の積み重ねで全体の印象はかわるんです。

せっかく窓まわりをやりかえるなら、、、と
新しい窓台には少し奥行きをだし、漆喰仕上の展示台にしました。

どんなふうに展示されるかな〜。
白い壁ではなく、緑の景色が背景の展示台もいいですね。